FC2ブログ

大霊の子供たちの歩み

シルバーバーチの霊訓を指針として歩む夫婦のブログです。

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

東京スピリチュアリズムサークルの発足と第1回シルバーバーチ読書会

私たちが参加させていただいている「埼玉シルバーバーチの会」が新たに「東京スピリチュアリズムサークル」として名称を変更して、東京と埼玉の2か所でのシルバーバーチの読書会開催が2018年4月からスタートしました。

私は新たに開催される東京の会場で参加させていただくこととなりました。
一見静かではあっても霊界の高級霊の力強い支えと祝福のもと、東京に新しい霊的真理普及のための拠点が興されました。
物質中心主義が蔓延る暗い地上世界にまた一つ明るい霊的光が射し込んだように感じました。


今回は東京スピリチュアリズムサークルが発足して初めての読書会ということで、スピリチュアリズム普及会の世話人の小池里予さんが祝福に駆けつけていただきました。
当日は小池さんより暖かい励ましの講話を頂戴いたしました。

小池さんの講和を聞いて、私たち読書会に参加するスピリチュアリストが、利他愛と奉仕の精神をもって霊界の道具として歩む本物のスピリチュアリストとなることを期待されていることが伝わりました。

読書会で学んだことを活かし、私たちがさらに新たな読書会を開催することが望まれており、各地での読書会が増えることが霊的真理普及のネットワークを築くために重要であることがわかりました。
また、それを地上サイドだけでなく、霊界からも期待されていることについて実感が伴ってきました。

日本が世界のなかでもハイレベル・スピリチュアリズム運動の先駆けとなっており、地上の霊的真理普及の最前線基地としての役割りを果たさないといけないと、責任を痛感いたしました。


講話の中で、イギリスのスピリチュアリズムの現状の報告がありました。

シルバーバーチの交霊会が行われたイギリスでは、交霊会が終わった後もシルバーバーチの霊訓はほとんど理解されずに現象レベルのスピリチュアリズムのまま低く停滞しています。
しかし、最近イギリスの権威ある二つの心霊誌であるツーワールズとサイキックニューズが統合し、サイキックニューズ ウィズ ツーワールズが新刊されることになり、その編集長にシルバーバーチの交霊会の生き証人であるトニー・ オーツセンが就くことが決まったという報告がありました。
これは霊界での計画のひとつであるということです。
低く停滞したままだったイギリスのスピリチュアリズム運動に今変化の兆しが見えてきたということであり、とても喜ばしいことだと感じました。


また、普及会の活動について、いくつかお話がありました。

一つは、普及会ではシルバーバーチの霊訓を中心とした読書会のモデルを作り上げようとして、10年以上の年月をかけ、進化途上ではあっても今一定の形を作り上げたということです。

東京スピリチュアリズムサークルはその一つで、関西、名古屋の読書会も同様とのことです。
世界でも最良の読書会のひとつである東京スピリチュアリズムサークルに参加させていただいているという、霊界の導きにとても感謝したいと思います。

二つ目に、各地で開催されているスピリチュアリズム読書会の開催のサポートと新たな開催の促進の一助となることを期待して、ホームページの内容の映像化を10年計画で企画しているということでした。

当日はスピリチュアリズム運動の全体像のDVDをプレゼントしていただきました。
後々は、YouTubeで配信していくとのことです。

その映像のなかでは、小池さんが詳細にわかりやすくお話されている内容が収められています。
人前で語ることが難しくとも、この映像を読書会参加者同士で見るだけでも、十分学ぶことができるのではないかと感じました。

読書会を開催する際の大事な心構えは、上手に語ることではなく、霊界の応援を受けることができるように純粋で謙虚な姿勢で霊界の道具に徹することだと教わり、語ることに自信が持てない自分自身にとってはとても励みになる言葉でした。

三つ目に、普及会ではいずれ全員が読書会を開催することを目標にしているとのことです。

「二人読書会」と名付け、たった一人の参加者だけでもいいので、自宅や静かに語り合うことができる場所で、積極的に開催することを勧めているとのことです。
ある例では、初めは家族二人だけで始めたものが、次第に近隣に住んでいる人々からの参加依頼が増え、数年かけて数人規模にまで増えていったということです。
純粋な利他愛精神を持って読書会を開こうとすれば、少しずつでも着実に真理の普及のネットワークを広げることができるということを教えていただきました。

普及会の活動のお話を聞いて皆様の霊的真理普及にかける強い熱意を感じ取ることができました。
普及会の方々の活動意欲や内容を見習い、私自身もスピリチュアリズム活動の担い手として努力が必要だと真理普及の意欲が湧いてきました。

以上が、小池里予さんの講和の概要と私がそれを聞いて感じたことを述べさせていただきました。
スピリチュアリズムを真剣に学び、霊的真理普及に関心をもっている方々にとって、小池さんのお話や普及会の活動内容を知ることが、少しでも読書会を中心としたスピリチュアリズム普及活動の励ましになれば幸いです。


さて、今回の読書会のテーマは、「救済の観点から見たスピリチュアリズムの全体像」ということで、スピリチュアリズム運動の目的や意義など、広い視野で本質を学ぶことができるとても大事な内容でした。
今回は、小池さんの講和の内容を中心に書くことといたしましたので、この読書会の学習のポイントについては、東京スピリチュアリズムサークルのHPをご確認いただければ幸いです。

※なお、引用にあたっては「スピリチュアリズム普及会」の許可を得ています。    (Y.H)
  • [No Tag]

*Comment

Comment_form

現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

Entry

Comment

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。